初心者ED男性と初心者マーク
カマグラゼリーが初心者ED男性にオススメな訳   >   カマグラゼリーの注意点

カマグラゼリーの注意点

ストップを呼び掛ける医者

カマグラゼリーを服用する時に、気をつけなければならいのが副作用以外にもあります。ED治療に効果的であることだけに注意が集中し、副作用の確認を見過ごしてしまうED患者は多く、併用禁忌などの注意点も同時に見過ごしがちになってしまっています。

カマグラゼリーを服用する時は、副作用以外にも認知しておかないといけない注意点もありますので、こちらでまとめています。

まず、カマグラゼリーを使用するED患者は、EDの症状を除いた時に健康体である必要があります。ED治療薬の効果は、身体すべてに作用することができるため、非常に効果がでる範囲が広く、持病を持っていたり、手術受けて日があさい方が使用するのは、危険になる事があります。

また多くの併用禁忌薬があり、これらとの薬とカマグラゼリーを併用してしまうと、最悪死を免れないこともあります。カマグラゼリーと同じ成分を含む薬と併用禁忌薬を使用し亡くなるという事故も過去にありますので、十分確かめてから使用する事が良いでしょう。

カマグラゼリーを使用していはいけない方は、カマグラゼリーにアレルギー反応があった方、併用禁忌薬を日常から使用しないといけない方、肝臓腎臓に重度の機能障害がある方、6カ月以内に脳梗塞、心筋梗塞等の既歴がある方などになります。

カマグラゼリーと同時に併用していはいけない併用禁止薬は、ニトログリセリンを含む硝酸剤やsGC刺激剤等の血管や血液に作用する効果を持つ薬になります。

併用注意薬には、降圧剤やα遮断剤が含まれています。これらと併用してカマグラゼリーを服用すると、体に吸収された成分がなかなか排泄されず、長く体に残ることで副作用が強くでてしまう可能性が高まりますので、しっかり注意しましょう。